★色番号塗装発送BP レガシィ ツーリングワゴン | GT-WING【サイバーアール】BP レガシー REAR 3D GT-WING FRP
(株)タンガロイ タンガロイ 転削用C.E級TACチップ AH725 [ SNMU1706ANPRMJ ]【 10個セット 】
【新品/取寄品/代引不可】TVS-2472XU-RP-i5-8G 336TB搭載モデル 4Uラック型 NAS ニアラインHDD 14TBx24個 TVS-2472XU-RP/336TB

【大注目】 DUCABIKE ドゥカバイク カラー:シルバー ラジエーター ブレーキディスク その他ブレーキパーツ-その他








カラー:レッド

※リンク先に商品がない場合、すでに完売している商品となります。予めご了承ください。

■商品番号
BPR04G

■JANコード
BPR04G

■商品概要
素材:特殊アルミニウム

カラー:シルバー

■適合車種
▼DUCATI
HYPERMOTARD 950 19
HYPERMOTARD 950 19 SP
HYPERMOTARD821 13-15
HYPERMOTARD821 13-15 SP
HYPERMOTARD939 16-18
HYPERMOTARD939 16-18 SP
HYPERSTRADA 13-15 821
HYPERSTRADA 939 16-17
MONSTER 1200 14-19
MONSTER 1200S 14-19
MONSTER 797 17-19
MONSTER 821 15-19
MONSTER800 17-19
SCRAMBLER 1100 18-19
SCRAMBLER 1100 SPECIAL 18-19
SCRAMBLER 1100 SPORT 18-19
SUPERSPORT 17-19
SUPERSPORTS 17-19
XDIAVEL 16-19

■詳細説明
熱伝導率の高い特殊アルミニウム製の軽合金製放熱版をレーザー加工により切り出しております。
このブレーキディスク ラジエーターを開発するにあたり、DUCABIKEでは次のことに着目しました。
過去数年間にわたりブレーキを使用することで、すでに達成されていたバランス特性を失っていることが観察されていることです。
このブレーキシステムのダイナミックスを精緻に観察した結果、特に、ブレーキ動作中の熱エネルギー変換と密接した、パッド、キャリパー、ディスクに伝わる熱放射にフォーカスしたことでこの「ブレーキディスク ラジエーター」が生まれるきっかけとなりました。
DUCABIKEの製品開発チームの最終目標は
パッドからクランプおよび、オイルに向かう熱放射を減少させ、また、持続的にオーバーヒートを防ぐためにパッドの冷却を発生させることができる二重機能デバイスを発明することです。
このように特殊なハイブリッドパッドは2つの部分で構成されております。
1つは特殊な熱鋼で製造され、もう1つは高い熱交換率を持つ軽量の合金で構成されています。
製造業者の試行錯誤の結果、生み出された合成材料を使用しているのです。
このプロジェクトは、製品の最終版の発表前に、1年以上のテストと結果の比較が行われてきました。
プロジェクト:
この製品の放熱板は、キャリパーとその冷却によるブレーキパッドの断熱を最適化するために、2つの異なった金属を使用して設計されています。
放熱板の本体は、熱伝導率の高い特殊な熱鋼でできています。
材料はワークショップにて、最初にレーザー切断、その後CNC加工が施されます。
放熱板の形状には2つの目的があります。
1つはブレーキパッドとの接触面を減らし、そして、2つ目はブレーキピストンの高熱化を防いで、ブレーキピストンキャビティ内部に形成された熱い空気を解放することです。
ピストンとオイルの熱の伝達に関して、放熱板の本体は、熱伝導率の高い特殊アルミニウム製の軽合金製放熱版に接続されていることで放熱の効率を向上させております。
製品開発チームでのテストでは、ブレーキパッドの温度を最大で20度下げ、制動の大幅な改善、制動開始時の驚異的な安定性、ブレーキパッドの最適なロールバック値により、フリーホイールが発生しました。
さらに、ブレーキパッドに対する温度負荷が少なくなったため、25%のより長い寿命の向上を達成することを可能にしました。
このプロジェクトは1年以上前から開発され、その間、製品開発チームは様々なオートバイを使い、常に同じ値の結果を出すことに成功しています。
開発の経緯:
プロジェクトの開発は1年以上続けられ、材料の選択と生産プロセスから始めました。
開発を行っていく過程で、様々な構成と異なる材料処理が試行錯誤試され、ブレーキキャリパーとブレーキパッドの異なる点を調べるにあたり、熱伝達の観点からデータ収集ツールと特殊な熱感知カメラを使用しました。
また、サーキットでは500時間以上、ロードテストでは約2万kmを費やしました。
合計で、製品は6種類のオートバイで異なる使用条件でテストされています。
そこで製品開発チームは、効率、重量、コスト、装着の容易さにおいて、正確で最適なパフォーマンスの保証を得ることを可能にしました。

■注意点
※必ず専門技術を有するショップ等で装着を行って下さい。